「カロリミット」を飲んではいけない人っているの?

最近は、外食時にカロリミットを飲む方をよく見るようになりました。それだけ多くの人が愛用しているということなんでしょうね。

 

食事前にカロリミットを飲めば、その後の食事のカロリーをなかったことにしてくれるわけですから、ダイエット効果が期待できます。

 

それに、ダイエット中だからといって好物を我慢したり、食べる量を減らさなくてもいいというのがカロリミットを取り入れることの良さでもあります。しかし、カロリミットを飲むことは避けたほうがいい人もいます。下記の項目に当てはまる方は飲用をお控え下さい。

 

カロリミットの飲用を避けるべき方々

 

妊娠中や授乳中の方・お子様

カロリミットの商品注意書きには、妊婦の方や授乳中の方、またお子様の飲用については禁止しています。
これは、カロリミットに配合されている便秘解消効果のある桑の葉エキスが、
時として下痢を引き起こす場合があるからです。

 

もし妊婦の方が下痢の症状を起こせば、胎内の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。
それに、赤ちゃんに十分な栄養を送り届けなくてはいけない妊娠中や授乳中は、
カロリミットでカロリー制限してしまうことも当然良くありません。
ですから、妊娠期間中や授乳中の方はカロリミットの飲用を避けて下さい。

 

特定の薬を服用中の方や、糖尿病などの持病のある方

 

現在通院中で、医師の処方によるお薬を飲んでいる方や、糖尿病などの持病がある方は、
必ずかかりつけのお医者様にご相談の上、飲用を検討するようにして下さい。
そのような方は自己判断で飲むことだけはお控え下さい。

 

生理期間中

カロリミットは、生理中に飲むことについては特に禁止というわけではありません。
それでも、ホルモンバランスが崩れがちな生理時は、下痢の症状も起こしやすいものです。
また、生理中は体力を消耗しやすい期間でもあるため、カロリミットでカロリー抑制をしないほうがいいのではないでしょうか。

 

もちろん、生理が終わればダイエットに最適な時期が到来しますから、生理中はあまりダイエットを意識せず、ストレスなく快適に過ごすようにしましょう。


【ネット限定500円】カロリミットお試しセット★ファンケル



大人のカロリミット限定ケースセットが送料無料980円!